サポステ塾を行いました!

12月5日(月) サポステ塾を行いました。

「若者を考えるつどい2016」エッセイの入賞作を題材に
筆者の伝えたいことや、過去・現在・未来へとつながる職業観や人生観、
転機とどう向き合うか、等について意見交換を行いました。

%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%86%e5%a1%be%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%82%a4
参加者からは、
「転機は突然にやって来るものだと感じた。」
「直感を信じることは今の自分には難しいが、信じる勇気が必要だと思う。」
「何の職業に就いているかではなく、何を心に思って働くかが大切だと分かった。」
「自分も、スヌーピーの言う“配られたカード”の中で頑張っていこうと思う。」
「人との絆、信頼関係があればこそ、転機を生かせるのではないかと思う。」
「自分も思い切って行動したことが、就職のチャンスにつながった。」
といった振り返りがなされました。

経験や考え方によって、それぞれのエッセイから受け取る
メッセージも様々
多様性に気付くといういう点においても、良い機会となりました。

サポステは、若者の「働きたい」を応援します。
皆様のご利用をお待ちしています!(^^)!